☆ 孤立するかもしれないけど

 宗教団体に多額な献金をして破綻を招いている問題について、女性蔑視と誤解される恐れがあると書き込みを控えていたことを、ちょっと趣旨は違うが新聞に似たような特集があったし許されるかなってことで述べると、被害者の家庭の起因が父ではなくて母が多いのは、女性は理性よりも感情が勝ることが多い(これは悪口ではなくて、考え過ぎる男にはない利点との思い…
コメント:0

続きを読むread more

☆ ワグネリアンは

 先日の新聞に、「プーチンが戦いを続けるのは自らの保身のためで兵士や国民のことなどは消耗品にしか考えてはいなく、プーチンを見限ったロシアの要人が西側と接触し交渉している」というような記事があり、その後の進展を期待しているのだけど、今のところ何も灯かりの見えるニュースがないばかりか、発電所や病院を破壊されているウクライナがロシアの行為をテ…
コメント:0

続きを読むread more

☆ サムライジャパン

 ボールの奪い合いも、コーナーキックの攻防も身体の大きな人間に有利だ・・・ そういえばサラブレッドも500キロ超えるのが多くなっているし・・・ と、あらぬことを考えていたくらいに、前半終了時点では引き分けで勝ち点1を取るのも難儀なことかなって見ていたら、いやすごい、あらかじめ考えていた作戦か急遽こうしなければと打った戦術か、後半一気に攻…
コメント:0

続きを読むread more

☆「スポーツ」の価値

 余暇を過ごす時間の密度が濃くなり、そういう時代に合わなくなった野球と同じくサッカーも決着までの時間が長いような気がしていたのだけど、ワールドカップ前夜祭とも言えるようなハイライトシーンを見ていて、トップクラスのアスリートのパフォーマンスは素晴らしくこれならと、日本チームの今夜の強豪ドイツとの対戦が楽しみになっています。  心身ともに…
コメント:0

続きを読むread more

☆勝負服

 サッカー日本チームのユニフォームが近くで大写しになると悪くはないのだが、柄が細かすぎて遠目にはあまり特徴がなく見栄えがしないなって、左甚五郎の「鐘つき堂の柱を飾る龍の彫刻のコンペで、ライバルの緻密に彫られた龍と比べたら粗っぽく雑にさえ見えて誰もが負けと思っていたのが、実際に飾り付けて遠目でみれば緻密に彫られたほうは蛇かウナギにしか見え…
コメント:0

続きを読むread more

☆ へバーデン結節/ストレッチの効果

 手指の第一関節が瘤状になって曲がる原因を調べたら、【へバーデン結節といって原因は不明で、一般に40歳代以降に多く発生して、手指を多く使う人がなりやすい】とあるので、長年ミシン仕事をしていたし経年劣化も加わって仕方ないのだろうと思いながらも、少しでも良くなりはしないかとテレビを見ている時などにマッサージをしていたのだけど、長い間そのまま…
コメント:0

続きを読むread more

☆リモコンで故障が直る

 TVのリモコンの頻繁に使うオンオフのスイッチだけが働かなくなり、分解して接点回復剤で拭うと直ると思うのだけど開けにくくなっていて、無理してこじ開け使えなくなったら困るとオンオフの時は本体のスイッチを操作していたのだけど、通販にあった1.400円のを買ったら問題なく使える。  DVDレコーダーが怪しい作動をするようになった時もリモコン…
コメント:0

続きを読むread more

☆ ウクライナが検証に参加することで

 ポーランドに着弾し死者2人を出したミサイルについて、アメリカは「軌道からしてロシアから発射した可能性は低い」とのコメントを早々に出し、NATOもウクライナの防空迎撃ミサイルの可能性がかなり高いとのコメントだが、ウクライナは「自軍の発射したものではない」と主張し現場検証に参加させろとまで言っている。  二次大戦時にイギリスがアメリカを…
コメント:0

続きを読むread more

☆後見人制度

 クローズアップ現代で、月曜日の後見人制度の問題に続き火曜日は旧統一教会による養子縁組を悪用しての犯罪すれすれの行為と、判断力の衰えた人間名義の財産についてのことが取り上げられていて、親から受け継ぐ財産などなかった貧乏育ちなもので、あればあったで複雑な問題があるなって冷めて見ていたのだけど、見終わって番組の趣旨とは違うが、相続という公証…
コメント:0

続きを読むread more

☆毛糸の鼻パンツ

 顔が半分隠れて美人に見えるし化粧が省略できると若い女性までがマスク解禁に消極的だそうで、そうでなくても個体識別能力の劣っている者としては、他人か知り合いかでジロジロ凝視することも出来ず失礼が続くことになるなって苦笑気味だったのだけど、冬になると鼻が冷たくて困る人間にとってマスクが役に立つと気付き、苦笑いをしてはいけないかなってことに。…
コメント:0

続きを読むread more